Firefoxの「逆向きスクロール」がAnthyのキーバインドと衝突している

Bug #191248 reported by Fumihito YOSHIDA on 2008-02-12
2
Affects Status Importance Assigned to Milestone
Ubuntu Japanese Kaizen Project
Wishlist
Unassigned

Bug Description

Firefoxの「逆向きにスクロール(Shift+Space)」が、SCIMのON/OFFおよびSCIM-Anthyの「別幅空白を挿入」と衝突しているため、Shift+Spaceが事実上機能していない。

Fumihito YOSHIDA (hito) on 2008-02-12
Changed in ubuntu-jp-improvement:
importance: Undecided → Wishlist
status: New → Triaged
Satoshi Tanabe (stanabe0917) wrote :

以下のログを読ませてもらいました。
http://logs.ubuntu-eu.org/freenode/2008/02/12/%23ubuntu-jp.html

たとえば、ikuyaNOTE さんの発言は、
 - 気にくわなかったらここの設定をいじってね
 - Emacsユーザにもやさしいキーバインド
 - まぁ削ってくださいということで

という反対を強く推す内容で、実際の話もその様に話が流れたのが残念です。しかし、デフォルトでコンフリクトがある状態が問題なのにもかかわらず、「気にくわなかったら」というのはおかしいと思います。デフォルトは問題を解決した状態にして、一部の問題のあるキーバインドに慣れてそれを変えたくないユーザーがコンフリクトのない設定が「気にくわなかったら」そのように後で設定するというのが筋ではないでしょうか。

ほとんどすべての Ubuntu ユーザは(標準のウェブブラウザの) Firefox を使っているので Scim-Anthy の Shift+Space よりも Firefox の逆スクロールの方が重要だと思うのですが、どうでしょうか。Emacs に至っては、標準のアプリケーションですらありません。Ubuntu/GNOME の標準のテキストエディタは gedit ですから、「Emacs にやさしい」かどうかは考えなくてもよいと思います。これこそ(標準のテキストエディタが気にくわない)ユーザーの方が後から設定すればよいものだと思います。それに、hito_jp_ さんが指摘されているように Control+space のキーバインドも SCIM に使われているのでどのみち Emacs ユーザーはインストールを含め設定することになるのではないですか?

標準のキーバインドは、標準のアプリケーションを使う標準的なユーザーにあわせた方がいい、という意見でした(もちろん、これは Shitf-space 限りませんが)。もう少し議論されることを望みます。

Jun Kobayashi (jkbys) wrote :

この問題は、

1. Shift+SpaceがデフォルトでSCIMのON/OFFに割り当てられている
2. Shift+SpaceがデフォルトでSCIM+Anthyの別幅空白を挿入に割り当てられている

の2点について分けて考えるべきだと思います。

1については、デフォルトから外しても良いように思います。既存のLinuxデスクトップユーザの中が困るという意見もありますが、「標準的なユーザにとってJust Work」ということを考えれば変更するのが良いように思います

2については、デフォルトのままで良いのではないでしょうか。「Shift+Spaceが別幅空白の挿入」というのはMS-IMEでも同様のはずですし、この設定を無くすことで戸惑う「標準的なユーザ」も少なくないと思われます。
確かにSCIMがONになっていればShift+Spaceで逆スクロールができなくなりますが、1を修正してSCIM-Anthyを切りさえすれば逆スクロールは可能です。

ただ、1を変更すると日本語以外の環境にも影響がでるので、中国語や韓国語などでUbuntuを利用しているユーザとも議論する必要があると思います。Ubuntuのバグとして英語で登録し、議論を進めるべきかもしれません。

description: updated
Satoshi Tanabe (stanabe0917) wrote :

Kobayashi さん:

丁寧な返事どうもありがとうございます。たしかに、1のみを解決して Firefox の逆スクロールが動作すれば2のキーバインドを切る必要はないかもしれません。日本語以外の環境に影響がでるという指摘もその通りなので、これから Ubuntu に英語でバグを登録しようと思います。

ただ、「別幅空白の挿入」のキーバインド (if any) を決める際の理由付けは、

   (A) SCIM-Anthy を切らないで Shift+Spaceで Firefox の逆スクロールができるメリット

と、

   (B) MS-IME ユーザが同じキーバインドで別幅空白の挿入ができるメリット

の2つ(かそれ以上)の重み付けで判断したほうがいいように思います。個人的には「別幅空白の挿入」は使ったことがなくこれからもおそらく使わないので、(A) の方が重要だと思いますが、もしかすると (B) の方が重要と思う人の方が多いかもしれません。「デフォルトのままで良い」はその通りかもしれませんが、「デフォルトのままのほうが良い」かどうかはやはり議論の余地があると思います。

Fumihito YOSHIDA (hito) wrote :

1. Shift+SpaceがデフォルトでSCIMのON/OFFに割り当てられている

はFx3でMozilla側で対処される予定です。

Hardyでは直っているはずです。

Jun Kobayashi (jkbys) on 2008-10-09
Changed in ubuntu-jp-improvement:
status: Triaged → Fix Released
To post a comment you must log in.
This report contains Public information  Edit
Everyone can see this information.

Other bug subscribers